土木建設現場専用

引く引く・足す足すできる測量アプリ
DENTACool!

DENTACoo!画面イメージ

今すぐ無料ダウンロード

–++DENTACool!(引く引く足す足すデンタクール!)は、
建設土木現場で働く現場代理人現場監督測量業者へ向けた、
横断測量横断図作成のお役に立てるアプリです。

※計算が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当方は一切責任を負いませんのでご了承ください。

測量用の関数電卓は、このアプリひとつでOK!

標準電卓機能に加え、引く引く、足す足す、三角関数など、現場での計算に役立つ機能が備わっています。

【DENTACool!の計算機能】
  • ・標準電卓(+、-、×、÷)ボタン
  • ・三角関数(sin、cos、tanボタン)
  • ・引く引く、足す足す(–、++)ボタン
  • ・角度計算ボタン

測量野帳への記入も、関数電卓での手計算も不要!

測量野帳の代わりに現場でアプリを開いてデータを記録するだけで、地盤高が自動計算されるのでその後の作図や調書作成にも便利です。これで関数電卓での手計算も必要なし!

レベル・光波で横断測量した後の事務作業が一気に楽になります♪

計測データは一覧表示&データ保存!

測量して入力した結果は、地盤高も計算されて一覧で確認できます。CADへのデータ入力もスムーズに行え、その後の作図や調書作成にも便利です。

機能拡充予定"

データ出力機能でより正確&効率的に!

データ出力形式はCSV、横断SIMA形式で保存ができ内部ストレージもしくは外部アプリに保存、メール送信でアウトプットができるようになる予定です。
トータルステーションやデータコレクタ等からしか出力できなかった横断SIMAデータが出力されるので、横断SIMAデータが取込可能な測量ソフトや土木用CADをお持ちの方にはさらに便利に活用していただけるようになります。

逆計算機能搭載予定!

事前に登録した基準点、トラバー点、測設したい位置の座標値を登録したりSIMA、CSVデータでCALCSに取り込んで頂ければ、現場にて器械点、後視点、測設したい点を選択して逆打ち計算【夾角・水平距離】が行えます。
予め逆打ち計算書を用意しておかなくても事前に座標を登録しておけばいつでもCALCSで逆計算が可能で測量にお役立ち頂けます。

–++DENTACool!の選べるモード

光波観測モード

光波観測モード 画面イメージ光波観測モードは測点、ミラー高、器械高(センター地盤高と器械設置位置の入力については今後実装予定)を入力後、光波で測距した距離(水平距離)と比高を入力していけば地盤高が計算されます。途中でミラー高を変更することも可能です。
現場毎の記録及び測点毎のデータ保存ができます。

機能拡充予定"

レベル観測モード

レベル観測モード 画面イメージレベル観測モードはBM標高と後視高さを入力すれば器械高が自動計算されます。
あとはセンターからの距離と前視読み高を入力していけば地盤高が自動で計算されていきます。センターからの距離を0と入力することによってセンター地盤高に反映されます。
現場毎の記録及び測点毎のデータ保存ができます。

今すぐ無料ダウンロード