測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?

測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?

皆さん、こんにちは!本日もたのしい測量をご覧いただきありがとうございます!

測量パーソン御用達の「測量野帳」ですが、測量野帳について色々調べていると「ヤチョラー」という言葉が目に付きます。

土木建設業界において、いかにもチャラい感じのするこの言葉は、測量野帳について調べているWEBサイトの中で余りにも異彩を放ちつつ、私の興味を惹きつけて止まなかったので、ちょっと調べてみることにしました。缶コーヒーでも片手に温かい目でご覧くださいませ。

ヤチョラー

まず、調べる第一歩はなんと言ってもGoogleです。Google先生は何でも知ってる。Googleにヤチョラーというキーワードを打ち込み、検索ボタンを押します。
測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?-測量現場での使い手
測量野帳の提供元の最大手であろう、コクヨ様のページが上位に出てきます。

出てきたページがこちら

ヤチョラーという言葉について丁寧に解説されていますね。
更に、段階的に階層に分けられていることが判明しました。階層は以下のとおりです。

野帳使い:ヤチョラー

愛好家:ヤチョリスト

伝道者:ヤチョリアン

メーカーのコクヨ様がおっしゃるのならば間違いない情報でしょう。

さて肝心の、ヤチョラーの皆様の測量野帳の使い方ですが・・・

・ スケジュール表

・ マンホール拓本

・ 手掘り判子作成時の図面作成用途

ということで、既に”測量”野帳の想定用途の範疇を無視されているのがわかって頂けると思います。

マンホール拓本について掘り下げたい気持ちはそっと置いておくとして、コクヨ様のメッセージとしては「丈夫でコンパクトな方眼ノートなんで、自由に使ってくれ」ということなんでしょうね。
測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?-自由に使いこなせる測量野帳
もうちょっと測量関連のネタが欲しかったですね、”たのしい測量”としては。

もうちょっと調べていきましょう。
メーカーであるコクヨ様の主張は理解しました。次は消費者としてのヤチョラーとは何か、どんな存在なのか、何をして生きているのか!!!を知りたいっ!

そこにきて行き着いたページはこちら

メーカーに迎合すること無く消費者視点で測量野帳を「使い倒す」という表現がまさにヤチョラーの正体を解き明かそうとする私のニーズにマッチ!

ということで意気揚々と、それぞれのブログやWEBサイトを読み進めていきます。

測量野帳を読書感想(リーディング)ログノートとして活用される方

読書感想スタンプと測量野帳で、簡単リーディングログ。 – 青猫文具旅

測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?-読書感想(リーディング)ログノートとして活用される方

測量野帳を登山記録、旅の記録、アイデア帳として活用される方

測量野帳をちょっとだけカスタマイズしてみました | Blueな雑日記

測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?-登山記録、旅の記録、アイデア帳として活用される方

トラベラーズノートに挟んでおそらく旅行に持ち歩く方

トラベラーズノートにほぼ日手帳WEEKSと測量野帳をセットしたよ – シリアルポップな日々:serialpop days

測量野帳の使い手、ヤチョラーとは?-トラベラーズノートに挟んでおそらく旅行に持ち歩く方

ということで、”測量”に関わるネタはあまりありませんでした!!しかし、様々な使い方があるんですね!測量野帳。

測量野帳として提供されているにも関わらず、他の用途で多く使われているには以下のようなポイントがあるようです。

・ 丈夫

・ サイズ感(コンパクトさ)が神

・ 3mm方眼の使いやすさが神

・ カスタマイズしやすい

・ 安い(180円~)

ということで、測量野帳の使い手であるヤチョラーとは「測量野帳を超便利な文房具として捉え、ゴリゴリに使い倒す人」ということなのかなと思います。

“たのしい測量”としては測量関連ネタをもう少し盛り込みたかったところですが、やむを得ません!測量野帳がこれほどまでに愛されていることを嬉しく思いつつ、本日も測量野帳を胸ポケットにしまって、たのしく測っていきましょう!